秋吉隆雄のヘブライ人への手紙

  筆者 : 秋吉隆雄    

ヘブライ人への手紙の、章・節順に並んでいます。

日付は、掲載の年月日または月日で、2018年、2019年です。

原稿の一部分に“下線”箇所がありますが、オリジナルの原稿にはなく、HP管理人が「加工」したものであることをお断りしておきます。

 


 神は御子によって語られた[★ヘブライ1〜] 2018.12.7 御子は天使に勝る 12.8 大きな救い 12.10

 救いの創始者 12.11 試練を受けて苦しまれたからこそ 12.12 主イエスはモーセにまさる 12.13  

 キリストに連なる者 12.14 神の安息にあずかる約束 12.15 心をかたくなにしてはならない 12.17 

 神の御前では隠された被造物はない 12.18 偉大な大祭司イエス 12.19 永遠の救いの源 12.20 

 神の子を自分の手で改めて十字架につける者 12.21 信仰と忍耐とによって 12.22 神の確かな約束 12.24 

 メルキゼデクの祭司職 12.25 別の祭司が立てられる 12.26 永遠に完全な者とされた大祭司 12.27 

 契約の仲介者 12.28 『新しい契約』の成就 12.29 礼拝の規定と地上の聖所 2019.1.7 

 永遠の贖いを成し遂げられた 1.8 血を流すことなしに罪の赦しはない 1.9 ただ、一度 1.10 

 神よ、御心を行うために 1.11 罪を贖う供え物は必要ない 1.12 かの日が近づいていることを知っている 1.14 

 信仰によって命を確保する 1.15 信仰とは 1.16 信仰によって 1.17 

 行き先も知らずに出発した 1.18 天の故郷を熱望して 1.19 独り子イサクを献げる 1.21 

 陸地を通るように紅海を渡った 1.22 信仰の勇者たちが受けた諸々の苦悩 1.23 罪と戦って血を流すまで抵抗したことがない 1.24 

 義という平和に満ちた実を結ぶ 1.25 平和で、聖なる生活を追い求めなさい 1.26 新しい契約の仲介者イエスの血 1.28 

 神に喜ばれるように仕えていこう 1.29 あなたを置き去りにはしない 1.30 宿営の外に出て 1.31

 死者の中から引き上げられた平和の神[★ヘブライ末尾] 2019.2.1 



inserted by FC2 system